sleep off

眠る前に

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ハラ減った。

昨日は、渋谷クアトロに踊り場ソウルのレコ発に行って来ました。これね↓

■ゴーストタウンvol.10 踊り場ソウル presents『Chandelier』レコ発LIVE
ACT> PLATON / ポメラニアンズ / 踊り場ソウル
DJ> 大仏ブラザーズ


ライブの内容は、もう本当最高で、こういうライブに年に何回立ち会えるんだろう?
と、なんだか色々考えてしまった。
音楽ってすげえなって、何度も思った。
昨日はとにかく何度も思ったよ。
音楽はすげえって。

しかし小さなライブハウスで初めてみて、いいバンドだなぁって思って、次がクアトロってなんじゃい。
すげーな、出世頭だよ。ホントに。

ブッキングもとにかく良くて、PLATONも昨日ようやく観れて嬉しかったです。
キラキラしてて素敵でした。




おやすみ。


『今日の動画』

これすげー!!!
最高だー!!!!!コメントも下らなくて最高だー。
ニコニコ動画で初めて感動したああああああ!!!!
スポンサーサイト
マイガール 1 (1)/佐原 ミズ









★★★★★
これはいいっ!!
作家の、佐原 ミズ は「ほしのこえ」の漫画版を手がけているし、タイトルはスーパーカーだし、おもいっきり気になっていたのだが、
この作品を見て純粋にファンになってしまった。
この作家の作品は全部よむ。その位すばらしい作品だと思った。

六月の一押し。絵にピンと来た方は是非チェックしてみては。


秘密(トップ・シークレット) 3 (3)/清水 玲子









★★★★☆ 
読んでいて眠くなってきて寝てしまった作品。
もったいない読み方をしてしまった。
もう一度じっくり読みたい作品です。
とにかく良く出来ている内容だと思うけど、僕はそういうのを漫画に求めてない部分が実はあって、案外適当でも面白ければOK。みたいな感覚で読んでいるので、そこまでハマらなかったかな。
でも、作者である「清水 玲子」をとにかく好きな人は、結構いるみたいですね。
アマゾンのレビューとかみてもわかるけど、結構熱狂的なファン多し。


彼女を守る51の方法 1 (1)/古屋 兎丸









★★★☆☆
現在の東京にもし地震が来たらどうなるか?
その時貴方は、何を信じて生きていきますか?的な内容を描いた作品。
地震により、こんな事が本当に起こるのかよ!?
みたいな事が多数。(例えば、火の竜巻が襲ってくるなど)
ちなみに、お台場が東京では一番ヤバイらしい。
地震の時にお台場にいたら命はないっぽいよ。
地盤が緩くて、がんがんビルやらなんやらが倒れて来るらしい。コエー。


デトロイト・メタル・シティ 3 (3)/若杉 公徳









★★★☆☆
1、2巻に比べると、さすがにテンションが下がってきたとは思うが、
まだまだ面白い。
表紙の時点で笑えるのは流石の一言。


失踪HOLIDAY/乙一









★★★★☆
うん。これも自分好み。
結構好きなタイプの漫画でした。


SPEED 4 (4)/金城 一紀










★★★★☆
内容はだいぶ薄いが、ある種こういった「薄さ」を自分は漫画に求めているので★4つ
一話一話のタイトルが全部有名な曲の名前って所がわりかし自分好みです。


LoungeGateの「夢が咲く頃」を聴いている。

知り合いのバンド?というかHIPHOPの方々なんだけど、それは別に置いといたとしても何回も聴いてしまう曲。
正直言って自分が普段聴くような音楽ではないけれど、そんな事はどうでも良くて。
要は、素敵なメロディーが鳴っているかいないかという事で、
「夢が咲く頃」にはそれがしっかりとあって心地よくて、で厭味じゃなくすーっと入ってきて鳥肌が立つ。

前日品川のステラボールで開催されたイベントにお邪魔させて頂いたのだが、彼等のライブは抜群に素晴らしかった。

そこには笑顔が溢れていたし、近年のジャパニーズHIPHOPでいうリップスライムやケツメイシとは又違う雰囲気があり、それを自分は新しいと感じた。

なんというか、凄く親近感を覚えるのだ。もちろんそれはいい意味だし、そこで感じた事は、なんというかしばらく忘れかけていた感情だった。


「前だけを見て、走り続けて」

という歌詞があるのだけど、それを聴いた時、
純粋に、「頑張ろう!」とか思ったり、
疲れて帰宅しプレイヤーから流れて来た時に、凄く癒されている自分がいる。

普通の歌詞だと言われればその通りだし、
そんな事、何かを為し得る時には当たり前の事だって事もわかっている。
しかし、彼等に奏でられる事がとても心地よくて、
「・・・うん、俺も頑張んなきゃな。」って素直に思える。

だって皆、当たり前のように頑張っているんだ。

最近じゃ頑張る事が当たり前だし、少しでも気をゆるめればたちまちに社会から離脱してしまう可能性だってある。

でもそんな事は考えるだけ無駄だし、何が必要かって、目の前の事に必死に取り組む事しかなくって。
そう、それが終わった瞬間には、全力疾走した後のような爽快感が待っている。


その時に見える空の色は綺麗でしょう?
その時に又一つ自分の事を好きになれるでしょう?


そんな事をこの曲を聴いて思ったりしました。

ありがとうLoungeGate

夢が咲く頃/LoungeGate
アークティック・モンキーズの新作を全く買う気がしない今日この頃、
皆様いかがお過ごしでしょうか?
DigitalismのPogoで踊り狂ってますか?
僕はDigitalism大好きですが、皆様はいかがですか?



さて、日本の音楽の話をすれば、最近はチャットモンチーの新作がとても良かったです。
「女子達に明日はない」めちゃくちゃいい曲だと思うのは自分の感性がやられているのだろうか?
まぁ、それならそれで全然OKだわ。

チャットモンチー万歳。

チャットモンチーは、まず歌詞をメンバーで寄せあって、その中からいいものにヴォーカルの子が曲をつけるらしい。
歌詞から曲が出来るなんて、私としては信じがたい事実です。

つうかね、このシングルにしてもそうなんだけど、
ベースの子の歌詞、ヴォーカルの子のメロディー、ドラムの子のアレンジ。
バランスが良すぎるし。素敵だ。

このバンドを見て、バンドを始める女子達は沢山いるのではないだろうか?
俺、わりかし日本の音楽は、インディー、メジャー、関係無く沢山聴くけど、
その中で最も輝いているバンドだと思う。
あくまで、個人的に。


チャットモンチー - 女子たちに明日はない





あと、最近YUIの「CHE.R.RY」が好きです。
まだ19歳?だし、sonyが金かけたくなる気持ちが非常に良くわかる。

・・・が、いつまで僕は好きでいれるんだろうか。
そう、色々な事を。
そして、いつまでこんな毎日が続くのだろうか?
きっと、長くはない気がするんだよね。
もう、色々決断しなきゃいけない。

この曲聴いて、そんな事を思いました。

YUI - CHE.R.RY





【最近読んだ漫画】
リストランテ・パラディーゾ/オノ ナツメ

淡々、としているのだけどそこが良くって。
気になって何回か読み返して行くうちに好きになる。
そういう作品。





さらい屋五葉 1 (1)/オノ ナツメ


それとこの作家の、「さらい屋五葉」という作品も結構良かったです。
5.jpg

kabegami1l.jpg

kabegami_cos4l.jpg




最近自分の回りが大変騒がしく。

何がなんだかわからないような状態で毎日過ごしています。

気がついたら自分もそれに巻き込まれていて。
ピンチの時こそチャンスだと思えるようなポジティブさと
強い精神力が欲しい。


なんにしろ打たれ弱いのだ。


やる事をやっていれば、自ずと道は開けると思うので、今は手を動かすしかない。
時間があけば、すぐに思っている事を文章にしていきたい。
メールであれ、企画であれ。






・・・さて、先週の土曜日は、「秒速五センチメートル」という映画を見てきました。


この映画は、日本アニメーションの最高峰だと自分は思っていて。
なぜって画面がとにかく綺麗で、瞬きをしたくない位見入ってしまったから。


本当に、画面が綺麗で素晴らしいんだ。

雪が降るシーン。

桜が舞うシーン。

とにかく。とにかく。



映画の内容自体は、物足りない人もいるだろうが、自分としては全然OKでした。

というか、内容がいいとか悪いとかじゃなくて、とにかくアニメオタとしてはたまらない作品。


ポスターの絵の舞台になっているのは「岩舟」という栃木の駅。

「岩舟」って場所、栃木出身の自分でも知らず、少し調べてみたのだが、どうやら現在無人駅らしい。
両毛線で、小山 - 思川 - 栃木 - 大平下 - 岩舟 - 佐野の順番。


主題化が、山崎まさよし/One more time, One more chance、ということで、大分なつかしいのだが、下のYoutubeでもわかるとおり結構はまっています。

東京は、渋谷シネマライズだけの公開だが、「時をかける少女」のように、どんどん広がればいいのにな。



監督は、ほぼ全過程をひとりで製作したデジタルアニメ『ほしのこえ』が絶賛されたアニメ作家、新海誠





透明感あふれる映像美と、切ない想いが詰まった世界観に浸りたい人にお勧めです。

つうか、俺もう一度観に行きたいので、行きたい人は連絡くれよ。

■秒速5センチメートルオフィシャルサイト


秒速5センチメートル/予告編


山崎まさよし - One more time,One more chance - 「秒速5センチメートル」ver.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。