sleep off

眠る前に

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
幕張で、ペンパルズのラストライブを見る。
とても、素晴らしい内容だった。
結構昔から聴いていたせいか、殆どの曲を大声で歌ってしまった。
すごく楽しくて忘れないライブになった。
又、好きなバンドが解散してしまった。


悲しいことだが、僕がきちんと何枚もアルバムを聞いて、ライブも何回も見ていたバンドはもう殆どいない。

スーパーカー、ミッシェル、ナンバーガール、ブランキー、ワイノー、プリスクール、そしてペンパルズ。

バンドの解散ほど、時代の終わりを感じる事はない。
そういう節目節目をきちんと見て、これからの時代を捉え、把握していきたい。
古き良き時代にいつまでもすがっている訳にはいかないのだ。


ただ、今回も幕張行って思ったのだが、どのバンドのライブを見ていてもあまりドキドキしなかった。

もちろん、
凄い!カッコいい!楽しい!
などは思うのだか・・・。自分はもっと、そのバンドの世界に浸れるような、そんなライブが見たい。
そういう意味ではザゼンは良かったのかな?
うーん・・・。

スーパーカーが見たい!と、そんな事迄考えてしまった。


しかし誰が、バンドを殺していくのか?
自分自身か?
メンバーなのか?
ファンなのか?
時代なのか?
レコード会社なのか?

考えただけでもきりが無い。
それ程バンドを続けるのは難しいのだろう。
その点に関しては、自分もよく解ってはいるつもりだが、それでも解らない事が多すぎる。


今回のペンパルズ解散も時代の終わりを酷く感じた。

切なかったり、悲しかったりしたせいか、僕は二度とこんなにはしゃがないのではないか?と、思うくらいにはしゃいでしまった。

大声で歌を歌い、叫ぶ。
手を叩き、手を振る。
体を揺らし、曲に合わせて飛び跳ねる。

そんなライブの楽しみ方を、随分と忘れていた気がした。

だが、取り戻したのだ。

そして、さよならしたのだ。

次に来る時代に備え、さよならをしたのだろう。

いつまでも、古き良き時代にすがっている訳にはいかないのだ。

でないと、自分まで殺されてしまうからだ。

スポンサーサイト
2005.12.31 02:33 | life | トラックバック(-) | コメント(0) |





親しい友人であり、一緒にイベントをやっている、劇団katanashop2月公演のフライヤーが出来たみたいだ。


つーかこれ、凄いカッコいい!!!
めちゃくちゃいいじゃん!!!


2月の公演が凄い楽しみになってきたよ。
やばいね、俺泣いちゃうんじゃないだろうか?
すごい期待してます。


俺を違う世界へ連れいっておくれ!!!
2005.12.30 03:19 | life | トラックバック(-) | コメント(3) |
IMG_8542.jpg


IMG_8537.jpg


IMG_8538.jpg


IMG_8509.jpg


IMG_8508.jpg


IMG_8547.jpg


IMG_8555.jpg



ipodで音楽を聴きながら、ぼんやりと空を眺めた。
鳥が沢山飛んでいて、太陽が凄く眩しくて。
空は凄く青かった。


栃木に住んでいた頃、僕はバイクを乗りながら、ウォークマンで音楽を聴くのが病的に好きだった。
一番好きな時間で、一番自由を感じられた。


「僕の自由を奪うものなど何もありはしない。」


早い曲が流れると、どんどんバイクのスピードはあがる。
信号よ、どうか赤にならないで。

そう思いながら、いつも運転したのだ。
なによりも、好きな時間だった。


CD屋に行き、新しいCDを視聴する。
試合の行われていない野球場に行っては、音楽をききながら飽きる事なく空を眺める。


「僕の自由を奪うものなど何もありはしない。」


その頃自由の意味すらわからなかった俺だが、確かにその時自由を感じたのだ。
僕にとっての自由。
それは、青空の下で大好きな音楽を聴く事だった。


最近見た空は、そんな事を思い出す位に、素敵な空だった。
大好きな音楽ともに。

そして、僕がいまだに鳴らしたい音は、青空の下でのフルボリュームが似合う音だ。
それはずっと変わりはしない。


大好きな曲のイントロが流れ出す。
瞬間、眩しい位に差し込む光。
光に包まれて、大好きな音楽に包まれて、
何かわからないけれど、魔法がかかったような気分になる。
そんな時ほど、自由で幸せだと思う事はない。
そして、そんな気持ちをずっと忘れずにいたい。
lightsというバンド名に、そんな思いを託した。
随分昔の話。
でも、その思いは未だに変わりはしない。



今年は、2度イベントを成功させ、ライブも沢山やった。
幸せな一年だったと思う。

ライブやイベントに来てくれた皆さん、ありがとうございました。
感謝、感謝、感謝の一年でした。


もうすぐ今年も終わり。
来年もいい年になるように、謙虚に頑張ろう。

自分を見失うな、そして、自分が自分でいなくなれるような、音楽をやって行きたい。


今年は凄く色々な人に支えて貰った。
自分一人じゃとてもじゃないが出来ない事ばかりだった。
本当にお世話になりました。


最後に、
このブログをいつも気にして見て頂いて、ありがとうございます。

本当にありがとう。

よいお年を。

おやすみなさい。
2005.12.28 00:24 | life | トラックバック(-) | コメント(0) |
330.jpg



この間のライブのコメント(ブログでの日記)を仲の良い友人に頂きましたので。
無断でのせてみます。


           ■■■



久しぶりのデイジーバーにライツを見に行った。
なんだろうか。まるで遠い空を眺めている感じ。
あの瞬間は手を伸ばしても、もう届かない所に行ってた。
いや、届いてたはずなのに間に合わなかった。

俺もまだまだ足りない。足元にも及ばない所にいる。
行きたいよそこに。あんたらを軽く超えて見せるよ。
もっともっと飛びたい。

四人の新しいライツ。限りない可能性と、
限りない確信を感じた。ありがとう☆

『hishiki051220』



           ■■■



思わず泣いてしまった。
ワキがずっと鳴らしたかった「音」のシメージがだんだんと鳴らされて来ていることに胸がキュっとした。

これだったんだろ?これなんだろ。というかもっとなんでしょう?
良かったね。ホント良かったねワキさん!!!
良いメンツそろったねェ。諦めないって素晴らしいやマジで!!

UPでまっすんのベースに感銘し、ベルベッツでワキと共に泣く。多分ね。
まっすんとゆうすけさんの信頼関係ホットラインが描き出すリズムは・・・・なんだろうね、エロかった。
なんというか人肌の・・・暖かさ。あの絵は美しかった。忘れられない。

また見たいよライツ。ゆみさんのギターが更に絡み合って。
溶け合って。ハイになって。
ワキの想像を、俺の想像を超えて行けlights。

YU-VAのあの異常なハイテンションの中早くやって欲しい。
予定は3月。
その前に俺は2月の公演がんばります。

というか、俺の名前を呼んでくれてありがとう。
信じられねえよ。全く^^でも特別な瞬間だった。
スペシャルな瞬間は大小、長短を超える。 
信じれば大丈夫。

そして、結局は いつも僕らは、僕らを信じるしかないんだ。

思い出したよ。

『katana051222』



           ■■■




2人はとても大切な友達でありライバルでもある。
2人の言葉はいつも厳しいけれど、今回は少し甘いね。
甘すぎる。
でも、本当に嬉しかった。
ありがとう。
許可もとらずに勝手にのせてごめんね。
でも、許してね。

2月のkatanashopの舞台、最高に楽しみにしているよ!!!


ありがとう。
おやすみなさい。
2005.12.26 02:09 | live & event | トラックバック(-) | コメント(0) |
寒い夜。
僕は誰かと
夜に笑う。


寒い朝。
僕は一人で
朝と戦う。


現実離れした、寒さは好きじゃない。
現実にある寒さは少しだけ好きだ。


でも、今日は寒すぎる。


だからそんな夜に泣くな。
寒い日の涙など、考えただけで切なくなる。




理由は一つ。
ただ認めたくないのだ。

認めようが楽にならない事をしっているから。


どうしたら、いい?


「自分をわかって貰うには他人を理解する。」
大好きな言葉だ。


だが、理解などしたくない時がある。


自分をわかって欲しいのに、他人を理解したくない時がある。


そんな自分を好きになる方法など、誰が教えてくれる?
だが、教えて貰う必要などない。


自分はこれからも一人で生きていくからだ。


ありふれた人生を求める為に、一人で生きていくからだ。




作り   笑顔   と    鮮やかな 色

笑顔   と    鮮やかな 色    作り

と    鮮やかな 色    作り   笑顔

鮮やかな 色    作り   笑顔   と

色    作り   笑顔   と    鮮やかな




delete delete delete delete delete delete 
delete delete delete delete delete delete 
delete delete delete delete delete delete 
delete delete delete delete delete delete 





暗い夜道には気をつけて。
寒い日にはアタタカイ格好をして。

それで少しは上手くやれる。

それで。


何かをする前に覚悟を決めるように、

涙を流した後には必ず覚悟を決める。

それで残りの半分は上手く行く。


後の半分は?



わからないから、今夜は鈴をならすのさ。
大きな音と、小さな音で鳴らすのさ。


大きな音に、気がついてくれた人は、
きっと笑顔をくれるだろう。


小さな音に、気がついてくれた人は、
一緒に泣いてくれるだろう。



「メリークリスマス。今夜も冷えるね。」
2005.12.24 00:39 | lylic | トラックバック(-) | コメント(0) |
昨日は、本当にありがとうございました。
平日の忙しい時間に沢山のご来場本当にありがとうございました。
lightsは沢山の人に支えられているんだと、本当に思いました。
もっともっと良くなるように頑張って行きます。
がんばります。

ちなみに昨日のセットリスト。

1 freedom
2 up
3 brilliance
4 program
5 velvet2
6 watercolor


ライブをやると、今後の課題が浮き彫りにされるので良い。
演奏がどうとか、曲がどうとか、それももちろん大事だけど、
音を出した瞬間に、自分が自分でなくなるような、そんな音を出せたらいいなぁ。
2005.12.21 02:04 | live & event | トラックバック(-) | コメント(0) |
凛として時雨というバンドが気になったのでHPを。
視聴したけど、凄いねこのバンド。
斬る斬る斬る。
明らかに、ナンバーガール以降という時代の流れを感じる。
加えていえば、ビジュアル系以降??うーむ、このブログを「凛として時雨」好きな人が見たら俺怒られそうだな。
でも、フィッシュマンズ以降とういバンドは多々いる気がするが、こういうのは久々。
面白い。

こういうバンドが好きな人はどんなシチュエーションで聴いているのだろう?

家に帰ってきていきなり聴くとか?
だとしたらすげえな。
普段どんなテンションで生きてるんだ??
ちょっと羨ましい。

ライブすげえんだろうな。
今度行ってみようかなぁ。

俺は絶対こういうのは出来ない音楽なんで、かなり羨ましいが、まぁ、人は人、俺は俺って事で。

でも、ちょっぴり悔しいので、そんなロックロックした曲でも書きたくなってきた。

まぁ、それよか今は踊らせる曲が書きたいなぁ。

皆が笑顔で踊れるようなそんな曲が書きたい。
エレファントストーンのような。
いやいや、ジョニーボーイか??
まぁ、なんでもいいや。

何度も聴きたくなるような、そんな曲が書きたいなぁ。
演奏は拙くとも、聴いている人にきちんと伝わる音楽がやっていけたらそれでいい。
2005.12.21 01:42 | life | トラックバック(-) | コメント(2) |


29511536_139.jpg

41962_3830822731.jpg



『lights』



気がついたら、自分はなんでこんなにも大人になってしまったんだろう??
と、今日駅のホームにおいてあった鏡を見ていたらそう思った。
誰だ?このおっさんは??
と、思ってしまったのだ。

19歳の時はじめて曲を書き、20歳でバンドはじめた。
いま、何歳だ??27??
ヤバいな、かなり成長が遅い。
と、いうか遅すぎる。

はじめて焦りだしたのは、23歳の頃だった。
24歳で、バンドは一度ピークを迎えた。
25歳で、もうバンドはやめようと、はじめて思った。
メンバーが2人居なくなったのだ。
だが、26歳になって、素晴らしいメンバーに又出会い、また歌を歌える事が出来た。

27歳になる少しまえに、新しいメンバーがまた一人加入した。
つい、最近の事だ。
lightsは4人になったのだ。
これは、本当に嬉しいことで、今年一番の俺の事件だ。


と、言う事で告知だよ。
4人になったlights、今日初めてのライブやります。

嬉しいなぁ。
凄い嬉しい。

それにしても、最近のスタジオでの楽しさったらない。
練習が死ぬ程楽しい。
ギターを弾きながらもうどうでも良くなってしまって、両手をあげて笑ってしまう位楽しい。
めちゃくちゃ歌うのが楽しくて、涙が出てくる。
練習中に泣くなんて、初めての事だ。
素晴らしいメンバーに恵まれて俺は幸せだ。
これ以上無い位幸せだよ。

ライブがやりたい!と、いうより早く今の4人で音を出したい。
4人で早く演奏したいんだ。

その場所で又俺は自由になるよ。

27歳で、又自由になれるのさ。
なぁ、そうだろ?
いつから貴方は自由になる事を諦めたんだい?
いつから貴方は今の自分に満足出来るようになったんだい?


現状を破る為の歌を歌う為に、
鳴り止まない音を鳴らす為に、

俺はlightsをやっているんだよ。



■12月19日(月)
live@下北沢daisybar
OPEN 18:30 / START 19:00
1500円(D別)

出番は19時40分位
受付で、lightsを見に来た、と言って下さると前売り料金になります。
宜しくです。
2005.12.19 19:40 | live & event | トラックバック(-) | コメント(2) |
spcr.jpg


10日、ERAにて『花のように』『メカネロ』をみる。
しかしながら、この日の『花のように』はとてつもなく凄かった。
始まってから終わる迄、ドキドキしっぱなしだった。
嫉妬、衝動、感動。


その後、『メカネロ』を見る。
始まって何分かたっておかしな事に気がつく。
この日の、真嶋君のギターがいつにもまして凄いのだ。
もの凄く気持ちがいい。
エフェクター変えたのかなぁ?
とにかく、気持ちがよい。

アンコールで「モノ」が聴けて良かった。
メカネロで一番好きな曲。
嬉しかった。



11日、コズエア練習後、EdgeEndにて、『SHAKERMAKER』
DJをさせて頂きました。
楽しかったです。
個人的に、反省点は沢山。
経験の無さがモロに出た。
見えるものが見えない。あんだけ練習したのになぁ。
悔しい。
でも、踊ってくれた皆さんありがとうございました。
hideさん、noriさん、kenjiさん、本当にありがとう。
楽しかったです。



昨日は東京、凄く寒くて雪も降ったみたい。
でも、俺は気がつかなかった。


家に帰ってきて、メールを開いたら、凄く嬉しいメッセージが届いていて、しばらくぼんやりしてしまった。


今日の朝見た夢は、凄くリアルでいまだに覚えている。


学生時代に、もっと勉強しておけばよかった。


週末に酒を飲み過ぎて、正直胃がおかしい。
でも、凄く密度の濃い週末で、本当に楽しかった。


もしかしたら俺は、ネガティブな人間なのかも知れない。


最近母親からのメールが届くたびに、変な気持ちになる。


カウントダウンジャパンのチケットが、いまだに届かないが、果たして大丈夫なのか??


冬の晴れた日は心地がよい。
太陽の存在を凄く感じる。


冬のせいか、最近またsupercarばかり聴いている。
世界で一番好きなアルバム。
タイトルは「スリーアウトチェンジ」
このアルバムをずっと聴いていると、なぜか涙がでる。
聴いているうちに本当にどうしようもない気分になるんだ。


最近はwebで簡単に自分の気持ちを言えてしまうけれど、こういうものは容易く言うもんではない。と、良く思う。
誰かときちんと向き合って、はじめて語るものなのだ。

忘れようとしても忘れられない事など、容易く書くものではない。
そっと胸の中にしまい、大切な場所で大切な人にだけ、語るべきなのだ。

忘れるな、忘れるなと。


ただ、今日は少し書きたかったんだ。
2005.12.12 11:23 | life | トラックバック(-) | コメント(0) |
shakermaker1111.jpg


20051205_84089.jpg




『SHAKERMAKER』vol.55 ~拝啓ボーンヘッド様~

DJ hide・kenji・nori・waki(Lights&コズミック☆エアプレイン)

■2005/12/11 日曜日 
渋谷Edge End
■18:00~22:00
■charge 800円 (w/1drink)

☆WE LOVE… 
OASIS/ARCTIC MONKEYS/HARD-FI/DEAD 60's/KOOKS/ASH
KASABIAN/PIXIES/NIRVANA/WEEZER/STROKES/SUPERGLASS
LIBERTINES/BABY SHAMBLES/NEW ORDER/RAZORLIGHT/MEW
KAISER CHIFES/WHITE STRIPES/LA'S/CORAL/VERVE/B.R.M.C/
SUPERCAR・・・

僕が大好きなイベント『SHAKERMAKER』
UKロックが好きな人は是非!!!
DJバーという感じなので、音楽聞きながらまったりお酒飲みたい!って人も是非!!!
宜しくです!!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。