sleep off

眠る前に

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
詩を書いている。
コズエアの詩を書いている。コズエアでは初作詞だ。
仮タイトルは「星屑ジェット」。昔からある曲だ。せっかくだし、このタイトルでイメージを広げて行く事にした。


*****************


舞台は夏の夜。暑い日。

去年まで、隣には恋人がいた。
でも、今年は居ない。
今年から恋人とは、違う土地で暮らす事になったからだ。

自分としては遠距離恋愛をうまくやっていく予定だった。でも、予定は未定。現実にはどうにもならない事がある。
そして半年が過ぎた。

舞台は夏の夜。暑い日。
空を見上げても何も見えない。

そういや去年は2人で花火を沢山見たものだった。

今年の夏は・・・。

その時花火の音がする。
だが空には何も見えない。どうやらどこかで花火大会が行われているみたいだ。

目を閉じてみた。音が聞こえる。花火の音。
想像してみる。夜空で弾ける花火を。
それはまるで星屑のように輝きながら、あたり一面を包んでいく。
意識は暴走し、感情が高まる。

その時僕は、遠くの土地にいる君を感じる事が出来る。
君は僕を呼んでいる。それはまるで、今すぐ此処に来て欲しいと呼ぶ声だ。
声が聞こえる。はっきりと聞こえる。
なら僕は君に伝える為に意識を高める。

「今此処にジェット機でもあれば、すぐにでも飛んでいけるのにな。」と。

・・・だがその時、君が泣いているのを感じる。

「そうやって、何でもかんでもいい訳にして、いつも貴方は会いに来てはくれなかった。」と。


花火の音が消える。君の声も消える・・・。

そして僕はまた空を見上げる。
東京は綺麗で明るいから、星なんて気にもしなかったなぁ、と一人思う。

舞台は夏の夜。暑い日。
空を見上げても何も見えない。


******************


そんなイメージで歌詞が出来ました↓


******************



『星屑ジェット』


星を数えんだろう?
時を刻むんだろう?
今を削るんだろう?

痛み避けてるんだろう?
熱が冷めてるんだろう?
君を待ってたんだろう?

流星が遠くで、叫びだし爆発。
塞いだ両目に、溢れだす星屑。
「すぐにジェットで飛べよ。」

空を見上げるんだろう?
夢を繋ぐんだろう?
過去を探すんだろう?

夜に眠るんだろう?
花に祈るんだろう?
星に願うんだろう?

流星が遠くで、語りだす約束。
繋いだ両手に、降りしきる星屑。
「すぐにジェットで行くよ。」


流星が遠くで、空と今重なる。
伸ばした両腕。風に舞う星屑。
「すぐにジェットで飛ぶよ。」


















管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://lightsweb.blog16.fc2.com/tb.php/32-3d92e9f0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。