sleep off

眠る前に

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
文章をパソコンで書くのは好きではない。


大概たいした事が書けないからだ。
まだまともだと思うのは、電気を落とし、眠る前に携帯でメールをうつ感じで少しずつ書いていく事。



・・・今日は、疲れていたせいか19時過ぎに家に帰ってきて飯を食い、そのまま寝てしまった。
時間にして20:30。

気がつくと23:00過ぎで、電気もエアコンもつけたままだった。


「喉が痛い・・・」

部屋は乾燥しきっていた。

こういう時に、加湿器があればいいのだが・・・。
しょうがないので洗面所に行き、タオルを水で濡らし部屋に干す。


もう、今日は眠ろう・・・と、思い照明を消しベッドに入るが、どうも寝付きが悪い。
中途半端に寝てしまったせいか、目が冴えてしまった。

それとは別に、脳は全然起きてくれないような感覚を覚える。
少し、不思議な感覚だ。



パソコンの電源を入れる。
なにか、音楽が聴きたいな、と思い再生ボタンをクリックする。

「Blissful/Greatest」





返信しなければならないメールが一通と、電話をしなければならない所が2件程あるのを思い出す。

・・・携帯電話を見ると、母親からの着信があった。

流石にこの時間には起きていないだろうと、かけるのをやめる。
少しだけ、心が痛むのを感じる。

俺も、随分年をとってしまった。




文章について考える。
やはり、俺はパソコンで書くのが好きではない。
何故ならば、画面が明るいからだ。

やはり、紙にペンで書く方が自分は落ち着く。

曲に詩をつける時も同様に。
パソコンで書くと駄目だ。
何も出てこない。

それならば、部屋の明かりを消し、携帯で書いた方がまだましだ。

ただ、携帯の画面も明る過ぎる。

脳が目覚めてしまい過ぎると、まともな事しか書けない自分がいる。
もしくは、つまらない形式だけの文章だ。

少し位、おかしな文章が好きだ。
朝読み返した時に、恥ずかしくて消したくなる位が丁度いいんだ。



・・・アルバムは最後の曲になる。


僕は、この文章の出口をずっと探している。

でも、こんな文章にもタイトルをつけなければならない。
出来るだけ、素敵なタイトルがいいなぁ。と、思う。
もし救いがあるとすれば、それが唯一の救いのような気がするからだ。




「君に会えて、本当に良かった」


また、エウレカかよ・・・。
まぁ、いいや。


おやすみ。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://lightsweb.blog16.fc2.com/tb.php/479-0903a4c2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。